2017年12月17日日曜日

怪老人日乗:12月15日(金)

終日曇っていたような。
午から自治体の健康診断。といっても一般検診その他は夏場に受けているので、今日は肝炎検査のための採血のみ。腕からどす黒い血が出てきた。血ってあんなに黒かったっけ。市民健康センターの向かいには「熊祥」という美味しいラーメン屋があり、健診があるたび行くのを楽しみにしているのだった。今日もまた行く。お昼時は炊き込みご飯がオマケでつくのがまた嬉しい。
週明け〆切の作業、ぼちぼち進めるべくそのまま国分寺に出る。星鹿教団ことスターバックスで作業。テープ起こし一気に済ませてそのまま下書き。していたら家族が顔を出したので小休止。一緒に駅ビルで買い物する。図書館への返却本があったので国立まで移動。途中、モッズスタイルにした青いベスパとすれ違う。杉並に住んでいた頃は毎日見かけていたベスパ乗りだが、このへんで見るのは稀だ。
国立のコーヒー屋に駆けこんで作業さらに。コツコツ書いたら夕飯時になり、大学通のイルミナシオン横目に帰る。福満しげゆきの新刊、すでに出ているはずだがなかなか見つからない。
帰宅して夕飯、豚バラとキャベツの塩にんにく鍋。野菜がたくさん食べられて旨い。子どももよく食べていたようだ。映画一本見てすこしさらに仕事。しかし〆切前日にならねばエンジンかからず、茫洋と過ごす。


『幽』28号発売日。世間ではちらほら感想出ているようだが、国分寺は田舎なのでまだ届かず。代わりに献本2冊いただく。まずは大和書房より平谷美樹さんの『草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 唐紅色の約束』。平谷さんお得意の時代ミステリーシリーズ、第3弾である。それからKADOKAWAより貴志祐介さん『ダークゾーン』上下。こちらは巻末解説を書かせていただいたので、見本として発売日よりも早めに届いたわけ。12月25日発売。カミングスーン。




0 件のコメント:

コメントを投稿